greenhouse

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛すべきB級映画たち~『マッスルモンク』


「愛すべきB級映画たち」の第2回。今回の映画は『マッスルモンク』
香港映画界のトップスター、アンディ・ラウが鋼の筋肉を身に纏う破戒僧に扮したアクションドラマ。
アンディ・ラウがマッスルスーツ着て、しかもこのタイトル。キャッチコピーは「坊主、マッスルで業(カルマ)を断つ!」
鼻で笑いながら観ていたんだけれど、しかしその予想は見事に裏切られた。

映画のあらすじは以下のとおり。
ビッグガイ(アンディ・ラウ)はストリップの人気ダンサーで快楽のままに生きる男。しかし彼は元武僧で、死に直面した他人の「前世の業(カルマ)」が見えるという不思議な力をもっていた。
ある時、ビッグガイはわいせつ罪の容疑で女性捜査官リー・フンイー(セシリア・チャン)と関わり合いになったが、彼女は戦時中に大量虐殺を行った日本兵の業を背負っていた。因果応報は輪廻の掟、前世の業ゆえに彼女には悲惨な死の運命が待っているのだ。
フンイーの業の重さに同情したビッグガイは、彼女の業を断ち切るため、彼女の善行を助けるのだが。。。

ストーリー前半を見る限り、ヒロインを助けるために坊主が自慢の筋肉を駆使して悪人どもを次から次へと懲らしめるのに終始するのか、と思いきや、後半は一転して「業」、「輪廻」といった仏教的でシリアスなテーマが支配する。
後半だけで何だか独特の迫力があってどんどん話に引き込まれる。特にクライマックス、ヒロインの運命と坊主の迎える結末は、香港映画らしからずけっこう衝撃的。これほど予想を裏切る結末の映画は最近観ていないかな。

と一応誉めてはみたんだけれど、やはり前半のB級アクション的な雰囲気から後半のシリアスな仏教テーマへの様変わりは無理がある気が。。。どちらかに路線を統一していなせいでなんとなくとりとめがない。
後半が良かっただけに、B級と呼ぶには実に惜しい映画だなぁ。
それにしてもこれ、坊主がマッスルである必要はあったんだろうか。。。?

原題:『Running on Karma』
監督:ジョニー・トウ、ワイ・カーフェイ
出演:アンディ・ラウ、セシリア・チャン、チョン・シウファイ、カレン・トン
製作:2003年、香港
スポンサーサイト

 | HOME | 

Author

Calendar

« | 2005-11 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly Archives

Categories

 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。