greenhouse

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛すべきB級映画たち~『マッスルモンク』


「愛すべきB級映画たち」の第2回。今回の映画は『マッスルモンク』
香港映画界のトップスター、アンディ・ラウが鋼の筋肉を身に纏う破戒僧に扮したアクションドラマ。
アンディ・ラウがマッスルスーツ着て、しかもこのタイトル。キャッチコピーは「坊主、マッスルで業(カルマ)を断つ!」
鼻で笑いながら観ていたんだけれど、しかしその予想は見事に裏切られた。

映画のあらすじは以下のとおり。
ビッグガイ(アンディ・ラウ)はストリップの人気ダンサーで快楽のままに生きる男。しかし彼は元武僧で、死に直面した他人の「前世の業(カルマ)」が見えるという不思議な力をもっていた。
ある時、ビッグガイはわいせつ罪の容疑で女性捜査官リー・フンイー(セシリア・チャン)と関わり合いになったが、彼女は戦時中に大量虐殺を行った日本兵の業を背負っていた。因果応報は輪廻の掟、前世の業ゆえに彼女には悲惨な死の運命が待っているのだ。
フンイーの業の重さに同情したビッグガイは、彼女の業を断ち切るため、彼女の善行を助けるのだが。。。

ストーリー前半を見る限り、ヒロインを助けるために坊主が自慢の筋肉を駆使して悪人どもを次から次へと懲らしめるのに終始するのか、と思いきや、後半は一転して「業」、「輪廻」といった仏教的でシリアスなテーマが支配する。
後半だけで何だか独特の迫力があってどんどん話に引き込まれる。特にクライマックス、ヒロインの運命と坊主の迎える結末は、香港映画らしからずけっこう衝撃的。これほど予想を裏切る結末の映画は最近観ていないかな。

と一応誉めてはみたんだけれど、やはり前半のB級アクション的な雰囲気から後半のシリアスな仏教テーマへの様変わりは無理がある気が。。。どちらかに路線を統一していなせいでなんとなくとりとめがない。
後半が良かっただけに、B級と呼ぶには実に惜しい映画だなぁ。
それにしてもこれ、坊主がマッスルである必要はあったんだろうか。。。?

原題:『Running on Karma』
監督:ジョニー・トウ、ワイ・カーフェイ
出演:アンディ・ラウ、セシリア・チャン、チョン・シウファイ、カレン・トン
製作:2003年、香港
スポンサーサイト

愛すべきB級映画たち~『KILL EVIL』

最近は昔ほど映画館で映画を観ることがなくなってしまった。それでも評判の良かった映画や話題作だけはせめてDVDで観ておこうと、渋谷ツタヤによく足を運ぶのだけれど、いざDVDを選ぶ時に、どうしても気になってしまうのがB級作品(自分が勝手にそう呼んでいる。エスカレーターの裏、新作コーナーの向かいによく置いてある聞いたこともないような、いかにもくだらなそうな映画たちのこと)。結局物好きな自分はいつもお目当ての話題作を借りずに、こっちを借りてしまう事が多いのである(苦)。
そんなわけでB級作品ならばかなりの数を観たつもりなんだけれど、やはりB級、そのほとんどを覚えていなかった。
これはマズイ(?)と思い、今回から「愛すべきB級映画たち」として自分の観たB級作品をブログ上で記録していく事にした。


で、記念すべき第一回は『KILL EVIL』。日本語読みで、『キル・エビル』。タイトルもDVDジャケットも明らかにタランティーノの『KILL BILL』のパクリだ(原題はなんかもっと普通のタイトルだったんだけれど忘れた。。)
映画のあらすじは。。。テキサスの田舎町で連続猟奇殺人事件が発生し、「モンスターハンター」(←だったかな?)の異名をもつFBI捜査官デボーウ゛ェンが事件解決のために派遣される。彼は地元の郵便配達員が犯人だと突き止めたのだが。。。という感じ。

いったいキル・ビルとどういう関係があるんだ?と思うのだけれど、なんとこの『KILL EVIL』を本家キル・ビルのタランティーノが「マジ、クレイジーだぜ!」と絶賛したという。
さらにジャケットで銃を手にした人物、FBI捜査官デボーウ゛ェンを演じるデウ゛ィット・キャラダインも、キル・ビルに出演している。タイトルのパクリにはなんとなく納得。

映画は殺人犯に関する関係者へのインタビューと犯人捜査の過程とを交互に語りながら進行する構成。B級にしてはなかなか凝っている。と言いたいところだけど、それが裏目にでて、殺人犯の捜査過程を描きたいのか、犯人の人物像を描きたいのかがイマイチよくわからなくなっている。
さらに、登場人物のとにかく汚いセリフや、FBI捜査官のオカルト変態っぷり、連発されるシモネタ。これはサスペンスなのかコメディーなのか。。。?
ジャケットに堂々とでているFBI捜査官デボーウ゛ェンも、主人公かと思ったら話の途中で消えてしまうし。。。なんだこりゃ?

タランティーノの言うとおり確かにクレイジー。でもやっぱりB級映画はB級映画だった。
ちなみにこれ、劇場未公開でDVD発売は2004年。たぶん今ならまだ渋ツタですぐに見つけられるハズ。

奇妙な噂

またまたSWネタになってしまって興味のない人には申し訳ないけれど、SWに関して奇妙な噂を聞いたので真相を追求したい。

『スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 特別編』のラストシーン。暗黒面から戻ったアナキンが霊体となって、オビ=ワン、ヨーダと共にルークの前に現れるのを覚えてる?
本来このシーンでは年老いた(中年?)アナキンが登場するはずだけれど、なんと7月13日、PM9:00~よりTBS系でテレビ放送された中では、このシーンで現れるアナキンの霊体がヘイデン・クリステンセンがエピソード2、3で演じる若いアナキンに替わっていたという。

自分は観ていなかったので確認できなかったけれど、目撃者はたしかにいる。そこで調べてみたのだけれど。。。それがなんだったのかさっぱり。噂の真偽もわからない。
まだDVD版を観ていないけれど、その中に何かヒントがあるのかな?
知ってる人はぜひ一報ください。

 | HOME | 

Author

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly Archives

Categories

 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。