greenhouse

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港 その6

香港旅行編の最終回。
最後の日にまだ行ったことがなかった香港島のビクトリアピークへ。
中環(Central)のバス乗り場から山頂(Peak)行きのバスに乗ると、30分程ですぐに山頂に。
DSC00496.jpg
画像は山頂からの一枚。こうして見ると、海から山(?)までが驚くほど近い。その間の僅かなスペースにこれまで見て来たような景色がギッシリ詰まっているわけだ。

DSC00500.jpg
香港島の反対側。こちらの景色はゆったりとしている。個人的に黄昏時に海を望むのは大好きなので、来て良かった。周りの騒々しい本土からの観光客がいなかったら、もっとリラックスできたんだろうなぁ。

DSC00498.jpg
九龍半島を眺めた景色。
この地平線の先にいずれ目指す中国本土があるんだなぁ。と感慨に浸っていたけれど、相変わらず周りではその本土からの観光客が騒がしい。


山頂からバスで銅鑼灣(Causeway Bay)まで下る。このあたりではトラムの走る姿が見られる。でも自分の見た限りでは、トラムの路線はバスもカバーしているから、これは必要ないのでは?

20051229175536_1.jpg
いつ消えないとも限らない香港のトラムを一枚写真に収めておいた。
奥には香港では一般的な2階建てのバスが。この誰でも思いつきそうな発想は、なぜ日本ではやらないんだろうね。

DSC00488.jpg
クリスマスの熱気はまだ冷めやらぬ様子の尖沙咀(Tsim Sha Tsui)の街中。
画像は香港中至る所で見かける風景。決してオシャレなオープンエアではないけれど、こういうのって妙に惹かれてしまう。

20051229175456_1.jpg
最後にまた尖沙咀(Tsim Sha Tsui)のスターフェリー乗り場に。前にも言ったけれど、この場所は何度きても飽きない香港中でも一番のお気に入りの場所。名残惜しくて、高層ビル群の明かりが消えるまで飽きずにずっと夜景を眺めていた。


以上、香港の記事はこれでおしまい。
香港は狭い。多分観光名所なんて3日もあればほとんど周ってしまえるんだろう。それでも来る度にいつも時間が足りないと思う。
ここは日々変化が激しく、今見られるものが次には見られなくなっているかもしれない。かつては香港の玄関口で、市街のど真ん中をはしる滑走路で有名だったという香港啓徳空港も返還と同時にあっさり廃港になってしまったそうだ。香港の人達の日常は外からの観光客に合わせているわけではないんだよね。だから古いものが消え去る前に、できるだけ多くを見ておきたいと思う。そしてなにより香港が好きだ。だからいつも時間が足りないと思うんだろうな。
それでも実際悲観はしていない。来年くらいにまた来るんだろう。それはあの名台詞が既に証明してくれている。

「心を残しておけばいつかまたここに来られるかもしれないのだから」(沢木耕太郎)
スポンサーサイト

香港 その5

既に新年を迎えてしまったので今さらだけれど、今回はメインイベントである、クリスマスイブの様子について。

DSC00418.jpg

おなじみの景色。でも初回の記事で載せた同じ夜景と見比べると、イブの夜はライトの明るさが違うのがわかるだろうか。
画像は尖沙咀(Tsim Sha Tsui)のスターフェリー乗り場の付近からのもの。実は去年もクリスマスに香港に来ていたのだけれど、その時はこの付近には、海沿いに二階建ての展望台のようなちょっとした公園があった。そこからの景色の方がはるかによかったんだけれど、今回は改築か取り壊しかなにかで、2階部分がなくなっていた。残念。。

DSC00420.jpg
尖沙咀の廣東道(Canton Road)沿い、海港城(Harbor city)にて。東京ミレナリオほどではないけれど、けっこう頑張ってます。海港城は屋上まで駐車場として車が乗り入れられるようになっている。ここから香港島を望む景色もなかなかのもの。知られざるお勧めスポットだと思う。


DSC00484.jpg
尖沙咀周辺にて、イブの夜はこの付近は車両封鎖で、見渡す限り通りは人で溢れかえっている。尖沙咀から佐敦(Jordan)の辺りまではどこもかしこもこんな感じ。人の流れは尖沙咀の端へと向かう。


DSC00485.jpg
彌敦道(Nathan Road)にて。おそらくクリスチャンの集まりかなにかだと思うけれど、大通りでクリスマスソングの合唱が始まった。みんないい笑顔です。クリスマスは彼らにとっては本当に特別なイベントなんだろうね。


20051229175448_1.jpg
廣東道にて。道の先から光と爆音が。この廣東道では「クリスマスロック」なる野外イベントが開かれていた。深夜まで地元のアーティストがライブをやっていたけれど、この通りには高級ホテルがズラリ。宿泊客には迷惑だろうな。


深夜2時くらいだっただろうか。尖沙咀ではほとんどの主要イベントが終わって、やっと皆さんぼちぼちと家路につく。それとも、これからまた遊びに行くのか。。
香港はいつも夜が長いけれど、この日は特に極まっていた。

20051229175440_2.jpg

次回は香港旅行の最終回。

香港 その4

上環(Sheung Wan)界隈の続編。

DSC00448.jpg


DSC00453.jpg
食堂。ちゃんとした店舗でなくても逞しく営業している。余談になるけれど、香港の人の食事は楽しそう。友人や家族と食事する時間を大切にしているように見える。店で1人で食事をしようとしても合い席にされる場合が多く、同じテーブルで食べている人と何かしら会話が生まれるから、孤独な食事はほとんどないんじゃないかな。


DSC00456.jpg
招福のお飾り。正月であってもそうでなくても、一般家庭の玄関前にはこういうのが飾ってあるところを多く見る。


上環の駅から適当に歩いた辺りで一枚。この辺はクリスマスの賑わいとはほとんど無縁な感じ。香港自体大して広くはないのに、場所によってずいぶん違いがあるもんだ。DSC00450.jpg

ビルの林とはよく言ったもの。画像でその密集具合がわかるんではないだろうか。後ろにある巨大なビルの辺りはもうオフィス街。よくある香港島の写真ではランドマーク的な建物がよく目立つけれど、その麓にはこんなに雑然とした街があった。DSC00452.jpg

名前は忘れたけれど、小さな寺院がビルの谷間にポツリとあったので入ってみた。写真OKとのこと(この辺はすごく合理的。)天井からぶら下がってる不思議な形のものは、どうやら線香のみたいなものらしい。
なんかこれがあるだけでなにか不思議な雰囲気が。。
DSC00460.jpg


DSC00470.jpg
歩いているうちに骨董品を扱うお店が集まっている通りに迷い込んでしまった。
路上で骨董品なんだかガラクタなんだか分からない商品を広げて客を集めているおじさんが。。


DSC00474.jpg
骨董時計を扱うお店だろうか。これだけズラリと時計が並んでいるとけっこう壮観。でも店構えはテントみたいでなんだか寂しい。


DSC00473.jpg
なにやら細々としたものが。この店では地元のおじさんが電卓片手に店主となにやら値切り交渉をしているようだった。言葉がわかるのに何で電卓を使ってるんだろう?とにかく、この辺では値切りがきくみたい。


ということで、映画でチャイニーズマフィアがかけているような、三つ折式の変わったサングラスを見つけて値切り交渉に(あくまで興味本位で。本当にかけるつもりはありませんので。)元値の三分の一までまけてもらい、サービスで香水入れのような陶器製の小さなボトルをつけてもらった。サングラスはともかくボトルの方はお土産屋で普通に売ってそうな代物だったけど。。


DSC00471.jpg


この骨董店街界隈の全体にいえることだけれど、観光客はもちろん地元の人からもほとんど需要がないように見えた。売っているものの半分以上は、いったい誰が買うのか聞きたくなるような、ただのガラクタみたいだったし、ほとんどの商品は、仮にボッてたとしても、二束三文にしかならない値段だ。これだけで生活が成り立つんだろうか。。。?

次回はクリスマスイブについて。

香港 その3

明けましておめでとうございます。
早いものでブログを始めてからもう一年。今年はもっと定期的に、より充実した記事を載せたい思うので、よろしくお願いします。
では、新年第一弾は香港旅行についての続きから(画像はクリックすると少しだけ拡大されます。)

香港島の中環(Central)駅から地下鉄に乗って一駅で上環(Sheung Wan)駅に。
ここから少し歩くと、前回の佐敦(Jordan)のような比較的古い街並が見られる。

DSC00444.jpg


DSC00441.jpg
この辺は夜景で有名なビクトリアピークの麓にあたるためなのか、坂が多い。
路も複雑で大通りから脇道へ入っていくと、けっこう迷う。


DSC00442.jpg
狭い通りに野菜、肉、魚介といった食材を扱うお店が密集する。中には観光客向けにフルーツを搾って飲ませるような所もあるけれど、全体的にローカルな雰囲気。


DSC00445.jpg
色とりどりの野菜、果物。季節感が狂ってしまうね。


DSC00447.jpg
魚屋の店先。おいしそうですねぇ。魚屋に活気があるのは日本も同じだけれど、香港は魚屋に限らず服屋でもレストランでも、お店の店員さんに活気があって、フレンドリーなのが印象的。


正月飾りを売り出すところもチラホラ。こっちの年末年始はどんなんだろう。
クリスマスは日本でも香港でもどこでも大体同じ感じがするけれど、ニューイヤーは地域性がより濃く出るだろうと思う。いつか年末年始の香港にも来てみたいもんだ。

DSC00443.jpg

次回は、上環(Sheung Wan)界隈の後編。

香港 その2

香港の旅行について、今回は九龍側の佐敦(Jordan)辺りの、比較的古い地域をメインに(画像はクリックするとちょっと拡大されます)。

DSC00409.jpg

写真は佐敦の街角。頭上の看板は香港の名物(?)の一つでもあるけれど、この辺りは特に色とりどりで見ていて楽しい。
佐敦周辺は香港でも古い建物がたくさん残っている。観光地というわけではないのか、英語もあまり通じなかった。ちなみに『深夜特急』で沢木耕太郎が絶賛していた廟街(Temple Street)もこの辺りにある。

DSC00414.jpg
香港の人はよく道路に面したこういうお店で、スターバックスのコーヒーでもテイクアウトするように食べ物を買っている。ちょっと小腹が減った時にはちょうどいいサイズの物が色々。売っている物はどこの店でもだいたい同じ。


DSC00415.jpg
では何を食べられるのでしょう。
串物は豚の内臓系のよう。小さなボールみたいなものは、かまぼこのように魚肉でできていて、英語ではFish Ballと呼ぶらしい。激辛です。


店先にはチキンやらダックが。
画像ではわかりにくいけれど、端の方に小さく見えるのはハト。これは前回香港へ来た時に食べたけれど、かなりの美味。でもそれ以来、街でハトを見るたびに複雑な心境になる。
DSC00412.jpg


肉屋で一枚。奥には豚の腸詰、中華版ソーセージが見える。日本でも華僑の経営する食料品店に行くとよく見る。美味いのかどうかは知りませんがね。DSC00413.jpg


自分の泊まっていた宿があるのも実はこの佐敦界隈。この辺は住居区、店舗区の区別が全くなく、ごちゃ混ぜになってるのが面白いし、住んでる人にはすごく便利だと思う。DSC00411.jpg


DSC00436.jpg
佐敦から彌敦道(Nathan Road)を下って再び尖沙咀(Tsim Sha Tsui)の方へ。香港が生んだスーパースター(?)ジャッキーが笑顔で出迎えてくれる。


DSC00435.jpg
尖沙咀附近の印僑がたむろするアーケード街の入り口。さすがにこの先は物騒な雰囲気だったので写真は控えたけれど、料理はホントに美味かった。


佐敦から20分ほど歩いて尖沙咀の天星碼頭(スターフェリー乗り場)附近へ。ここに来ると何故か落ち着く。画像は香港島の灣仔(Wan Chai)方面を眺めたもの。

DSC00393.jpg


20051229175430_1.jpg

深夜の回で映画を見た。タイトルは『哈利波特』。『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』というやつね。それにしてもうまいこと漢字をあてるもんだ。

次回は香港島の上環(Sheung Wan)あたりの様子についてです。

 | HOME |  PREV»

Author

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly Archives

Categories

 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。